~京都のんびりブログ~

メモから思い出し

2022/01/13
 
この記事を書いている人 - WRITER -
プログラムのぷの字もわかってないのにいきなりwordpressに乱入。おかげさまで四苦八苦してます。 京都の四季折々のこと、日常のことを書いてます。 趣味は読書と美術鑑賞、鴨川サイクリング。 着物沼にはまりつつあります。
Pocket

こんにちは。makiです。

 

引き寄せの法則なのかわからないけれど、3年前くらいのメモが出てきました。

今となってはそんなのあったなぁ。と思うくらいですが

それは解決してすっきりしている事柄だからそう思えるのかもしれない。

けど、その当時の私からしたらまぁまぁなハードルだったんだろうなと思う。

 

筆跡が結構強ばっていてそれとなく必死というか。

怖いけど、挑戦してみるぞ。という気持ちが伝わってくる。

 

 

書かれていたメモの内容は様々

 

○○を習慣にしたいとか、○○が欲しい。△△をやってみたい。と前向きなものがほとんどだった。

ここでの生活に夢を持っているんだなぁと少しほほえましくも思う。

今のメモ見ると、すごい対極的で驚いた。

 

▲▲を辞めたい、または無くす。□□を頑張る(でも本心はかなり嫌々)なものが多い。

 

見るたびに辟易としてたのか、とここでやっと気が付く、違うな…

 

自分で自分を受け止められたのかなと思う。

 

 

このメモ見て思い出した

当時のほぼ日の使い方はほとんどどこかへ出かけたときの記録用、生活に慣れるためのメモ帳代わりにしていてじぶんの気持ちの整理に別の小ノートを使っていたんだった。

インスタグラムのキラキラを~じゃないけど、気持ちを上向きにするためのノート。

あとオリジナルのほぼ日が育ちに育っていくので、ちょっとお出かけに連れていくには重すぎて結局カズンと同じような扱いになってしまって「気軽に連れていける、家にあってあんまりダサくなくて、軽いノートを使い始めた

だからほぼ日だけじゃなくてこういう小ノートを使い始めたんだった。

 

 

こういうことをやっと拙いながらまた言葉にできるようになったのかな

飼っていたヨウムが亡くなってからその事実を受け止められないまま、親戚のことを始めあちこちよくないことが起こって傷心して。

立ち直るまでに2年、今年も含めたら3年はかかってる。

ヨウムのからしには、まだ未練?っていうのかな、あれもこれもしたかったのになぁっていう思いはあるけど

偶には遊びに来てね。くらいになってきたかなと思う。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
プログラムのぷの字もわかってないのにいきなりwordpressに乱入。おかげさまで四苦八苦してます。 京都の四季折々のこと、日常のことを書いてます。 趣味は読書と美術鑑賞、鴨川サイクリング。 着物沼にはまりつつあります。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 今日も京とて , 2020 All Rights Reserved.